| 借金返済カテゴリ 強制執行

強制執行への対処G第3者異議申し立て

強制執行への対処G第3者異議申し立て

先ほども話しましたが、第3者異議申し立てにより債権者は困り果てます。取立てをする債権者が嫌がらせをしてくるのですから、債務者側のこちらも嫌がらせをするとうまくいきます。

第3者異議申し立ての何がそんなに債権者にとって嫌なのか?それは書類が存在して、持ち主が異議申し立てをしている。これを裁判所としては無視する訳にはいかないのです。

誰の物かハッキリするまで競売できない。これは債権者も誰のものかわからなければ、返済の1部とする事もできません。先に進めないのでどうにもできないということなのです。

借金の踏み倒しとは交渉なのです。交渉は有利な立場に立っているほうが勝ちます。自分の立場を有利にもっていくことができなければ、借金の踏み倒しどころか、丸裸にされかねません。そのことを覚えておいてください。

強制執行をされるときも、黙ってぼ〜っと見ているだけでなく。執行官の身分証明書もしっかり見せてもらい、写真やビデオで撮影することも必要です。

今は携帯にカメラがついていますので、携帯で撮影してもOKですよ!

何を押さえられて、どのようにされているのか、執行官や債権者の発言を1語1語をメモしていくことも後々役に立ちます。

ここまでしても、執行品は出てきます。なるべく執行品を少なくする事が後々必ず役に立ってきます。






こちらにも借金返済の秘密がたくさんあります!



債務・借金ランキングへ


借金返済・・・?


スポンサードリンク


北海道借金返済 青森県 岩手県 宮城県借金返済 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県借金返済 千葉県借金返済 東京都借金返済 神奈川県借金返済 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県借金返済 三重県 滋賀県 京都府借金返済 大阪府借金返済 兵庫県借金返済 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県借金返済 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by ブラックキング at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 強制執行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。