| 借金返済カテゴリ 強制執行

強制執行への対処@

強制執行への対処@では、貯金が気になる人も多いと思いますので、貯金の対処から取り上げていきます。

まず、判決で負けたあとは強制執行が債権者にはできます。そこですぐにでも債権者は強制執行をしたいのですが、地方裁判所の執行部執行官室に法的処理をしにかなくてはいけません。

まず、すぐには強制執行はされませんが、裁判中に動かすぐらいでいかないといけません。

〜千万円の貯金があるという人はまずいないとは思いますが、いくら借金があってもこれから生活をしていかないといけないのが現実でしょう。

生活費を持っていかれたら、まず生活することが不可能になりますよね!

しかし、生活費というのは強制執行でもっていくことができないのです。20万円以内であればまず大丈夫です。

それ以上の貯金がある場合は、身内などに頼んで預けておくことをお奨めします。それか、まったく今まで使ったことのない地方銀行で、近くに支店がない地方銀行の口座を開設して、入れ替えることもできます。

しかし、大手銀行や近くに支店がある銀行は調べられますので気をつけてくださいね。ベストは別名義の銀行口座に預けるのが1番です!

家族の口座は基本的に強制執行をされないですが、完璧ではありません。特に夫婦の場合は財産が同じと考えられかねません。一応は借金のある身ですから家族の口座に入れておくのはどうかと思います。

信頼できる親戚や友人などに頼んでみましょう!




こちらにも借金返済の秘密がたくさんあります!



債務・借金ランキングへ


借金返済・・・?


スポンサードリンク


北海道借金返済 青森県 岩手県 宮城県借金返済 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県借金返済 千葉県借金返済 東京都借金返済 神奈川県借金返済 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県借金返済 三重県 滋賀県 京都府借金返済 大阪府借金返済 兵庫県借金返済 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県借金返済 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by ブラックキング at 11:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 強制執行
この記事へのコメント
自家用とかはどうなります? 取られますか?
Posted by たかし at 2006年04月27日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。