| 借金返済カテゴリ 借金の請求対処

内容証明郵便での督促A

内容証明郵便は、名義がこの場合は【代理人の弁護士】名義になっているはずです。しかし、何も恐れることはまったくありません。

それは、内容証明だけでは何もできないのが現状なのです。そして、それを知っていて金融業者も送付しているということです。

私が取立て屋時代は内容証明なんて、まったく送っていません。私は裁判に持ち込むまでに回収するのがポリシーだからです。

裁判なんてすると金融業者の立場が悪くなるのがわかっているからです。

話はそれましたが、内容証明は単体では何の効力もないということです。これはカンタンに言うと脅しなのです。これ以上払わないのであれば、裁判をおこしますよという警告ですね。

債務名義になる訳ではないので、今すぐどうのこうのとできるわけではありません、

あと、小額訴訟というのがあります。そのときは、60万円以下の金額に対して訴訟を起こすことができるのですが、1日で判決がでるのが特徴です。

だけど借金を踏み倒そうと考えている人は多重債務者なので、60万円以下ということはありえないですよね。

だから小額訴訟はここでは省きます。もし60万円以下の場合は少々無理してでも払ったほうが良いです。私は何も踏み倒しがすべてとは思っていないので、借りた金は返すのが本当は1番なのです。





こちらにも借金返済の秘密がたくさんあります!



債務・借金ランキングへ


借金返済・・・?


スポンサードリンク


北海道借金返済 青森県 岩手県 宮城県借金返済 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県借金返済 千葉県借金返済 東京都借金返済 神奈川県借金返済 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県借金返済 三重県 滋賀県 京都府借金返済 大阪府借金返済 兵庫県借金返済 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県借金返済 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by ブラックキング at 11:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の請求対処
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。