| 借金返済カテゴリ 借金の請求対処

内容証明郵便での督促@

内容証明郵便での督促がそのうちはじまります。手紙・電報・電話で効果なしと金融業者が判断した場合は手紙を送った送っていないなどのトラブルを防ぐ為に送ってきます。

内容証明がわからない人は→内容証明をご覧になってください。

これは受取拒否でも良いのですが、結局は何を送ったかの証明は郵便局がしてしまうので、法的には受取拒否は効果がありません。

しかし、内容証明を郵便局員が配達したときに『他人なので受け取れません』というくらいなら問題はおきませし、心臓に悪くありません。このように身内なのでを有効的に使うのがミソです。

結局、金融業が何を送ってきても、プレゼント程度で考えるのが1番です!もし受け取ったとしても、『身内が受け取ったので失くしました』と言い訳を用意するだけで十分です。

内容証明郵便をもし受け取ってとしても、たいしたことは書いていません。『何日までに支払いがない場合、法的手続きに移ります』ぐらいのものです。

相手は内容証明郵便で債務者がビビッてくれるのを期待しているので、そんなの無視で大丈夫です。






こちらにも借金返済の秘密がたくさんあります!



債務・借金ランキングへ


借金返済・・・?


スポンサードリンク


北海道借金返済 青森県 岩手県 宮城県借金返済 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県借金返済 千葉県借金返済 東京都借金返済 神奈川県借金返済 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県借金返済 三重県 滋賀県 京都府借金返済 大阪府借金返済 兵庫県借金返済 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県借金返済 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by ブラックキング at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の請求対処
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。