| 借金返済カテゴリ 借金の請求対処

強制執行承諾付公正証書を使った罠@

強制執行承諾付公正証書を使った罠とは、訪問しても問題が解決しない。手紙や電報でも反応がないと言う時に使う手です。

そのときに金融業者が次にしてくることは、金銭消費貸借契約書を強制執行承諾付公正証書に変えようとしてきます。

これは、返済相談にのりますので、1度来店してくださいということを言ってきます。これはカンタンに言うと、裁判をせずに強制執行ができるという契約書です。

公正証書がわからない人は、また金融用語のところで紹介しますので、ご覧になってくださいね。

強制執行承諾付は、世の中に存在する金銭消費賃貸契約で1番強力な公正証書になります。来店訪問なんて無視するのがベストです。

もしどうしても、直接相手と話したいのであれば、家に訪問してもらい玄関先で話すのが1番です。




こちらにも借金返済の秘密がたくさんあります!



債務・借金ランキングへ


借金返済・・・?


スポンサードリンク


北海道借金返済 青森県 岩手県 宮城県借金返済 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県借金返済 千葉県借金返済 東京都借金返済 神奈川県借金返済 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県借金返済 三重県 滋賀県 京都府借金返済 大阪府借金返済 兵庫県借金返済 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県借金返済 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県
posted by ブラックキング at 03:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金の請求対処
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。